Google八分対策センター

消費者ポータルJAPAN | 悪ティブソナーココログ支店

このページに関するお問い合わせは、こちら

悪徳商法に関する相談や質問を掲示板に書き込みたい方は、こちら


-翻訳スクールのバベル1-ぺ(9/21-01:31)No.12117
 ┗Re:翻訳スクールのバベル2-ぺ(9/21-01:33)No.12118
  ┣Re:翻訳スクールのバベル2-AQUA(9/22-10:33)No.12141
  ┃┣バベル密告-ねこ(9/22-11:29)No.12143
  ┃┃┣Re:バベル密告-ぺ(9/23-01:58)No.12167
  ┃┃┗Re:バベル密告-AQUA(9/27-12:24)No.12211
  ┃┃ ┗Re:バベル密告-ねこ(9/28-10:07)No.12224
  ┃┗Re:翻訳スクールのバベル2-ぺ(9/23-01:12)No.12165
  ┃ ┗Re:翻訳スクールのバベル2-AQUA(9/27-12:46)No.12213
  ┃  ┗Re:翻訳スクールのバベル2-ぺ(9/30-01:37)No.12275
  ┗Re:翻訳スクールのバベル2-yum(10/1-13:15)No.12305
   ┣Re:翻訳スクールのバベル2-ぺ(10/4-05:51)No.12345
   ┗Re:翻訳スクールのバベル2-ぺ(10/4-05:53)No.12346


トップに戻る

12117翻訳スクールのバベル19/21-01:31

詐欺というわけではありませんが。
講師も講座内容も大部分は立派なものです。

でも、全然トライアルとか仕事とかは廻してくれません。
一定以上の成績で講座を終了して会員として登録してから、2年が経ちましたが、
一度も仕事を紹介してくれてません。
何かの資格を持っていれば、仕事を紹介してもらえるのかとも思いますが、仮にそ
うだとするとバベルの側の説明不足ということになります。どこにもそんなことは
書いてありませんでしたから。

今月でちょうど会員の期間が切れます。もう一度年会費(10500円:仕事の紹介が無
いので、月一回送られてくる会誌の料金のみになる)を払って会員を続けるかどうか
迷っています。あんまり迷ってませんけど。

仕事を紹介してもらえないのは、終了時の成績が(一定の成績ではあったけど)今ひ
とつだったからなのか、それとも仕事を紹介してもらっている会員が実はほとんど
いないのか、で迷ってます。前者なら、会員を続ける気にもなりますが、後者なら
続ける気にはなりません。
前者と思いたいところですが、その気になってバベルの印刷物(講座の案内とか、会
誌とか)を眺めてみると結構うさんくさい、というか商売っ気まるだしのところもあ
るので、いまいち信用する気になれません。講師はともかく、経営者は受講者をカ
モとしか見ていないような印象を受けます。



トップに戻る

12118Re:翻訳スクールのバベル29/21-01:33

記事番号12117へのコメント
講師や、会誌に記事を寄稿する翻訳者の能力は、一般の受講者には非常に魅力的な
ものに写っているはずですが、それにつけこんで「あなたもバベルでがんばればあ
んな風になれます」と受講者を煽り立ててるように思います。
翻訳の仕事をしている、というのがステータスになっているわけです。
会誌にはよく「一足先に翻訳のプロとして活躍している先輩達」というフレーズが
見受けられます。エサですね。

プロは素敵→私もあんな風に→バベルでは仕事を紹介→そのためにはバベルで受講

大方の受講者は、大体こんな感じで考えますが、実際には一度受講しただけで一定
以上の成績を修められるとは限らず(注1)、その成績を修め登録した後も、私のよ
うに仕事を紹介してもらえない可能性もあるわけです。
さらに、バベルでは受講者に新たな資格条件を課すことで(前述の検定試験のこと)
、受講者にまたゼロから出直させることすら可能なのです(注2)。

それから、英語能力とは別個のものとして「翻訳能力」というものを強調しすぎて
るような気がします。
わたしもバベルを受講しはじめた頃(3年前)は、翻訳の仕事をするには、単に一般的
な英語の力というものではなく、翻訳の技術というものが全く別のものとして必要
なんだと思っており、バベルの姿勢になんら疑問を抱かなかったのですが、以前(去
年)翻訳会社の方に初めて会った時、英語能力と翻訳能力が同一視されているのに少
し驚きました。
つまり資格のことなんですけど。それまで(去年まで)翻訳の仕事をするには翻訳検
定(注3)で資格を取っておくことが不可欠であり、他の英検やTOEICは持って
てもほとんど意味が無い(単に英語力であり、翻訳力ではないので)、と思っていた
のですが、その翻訳会社の方に、TOEICで高得点を記録すれば資格としては問
題無い、と言われたのです。
そうすると、バベルで教えていることは方向性がずれていると言わざるを得ません
。翻訳を学問として追求しようとするならいざ知らず、実用的な観点からすると、
たくさんのお金と時間をつぎこんでバベルの検定に合格する必要は無いはずです。
もちろん、バベルの検定に合格するには、英検に合格する以上の実力が要求される
でしょうが、さしあたって翻訳の仕事をしたいという人間に、そのような非常な洗
練度の要求される検定試験に合格する必要があるのでしょうか?TOEICで90
0点取る方が恐らく簡単だと思いますし、翻訳の仕事をもらうのもそれで十分なは
ずです。
つまり、バベルは優れているけれどとりあえずは必要でないものを、まず必要なも
のだとして利益を得ているのではないかというわけです。

以上は、文芸翻訳ではなく実務翻訳の場合です。文芸翻訳については知りません。


注1.冒頭部分で、講師と講座内容はしっかりしていると書きましたが、これはバ
ベルにとっては、いい加減な内容にするよりは有利ではないかと思います。講座内
容を充実させ、その分成績評価や検定試験の内容を厳しくすることで、受講者が資
格を得るまでに支払う料金を増やすことができるはずです。

注2.PL(Professional Language)検定という名前。以前の、A級、B級、C級
という区分に変えて、この検定に合格することで、バベル内での地位が上昇。某宗
教団体でも、なんか教義の理解度の検定試験をやってるみたいですが、バベルもな
んか宗教っぽいとこがあるような気がします。受講者が信者みたいな感じ。

注3.名前が示す通り、翻訳能力を測るための試験。受験会場ではバベルの受付嬢
が係員をやってました。表向きには関係ないはずなのに。


トップに戻る

12141Re:翻訳スクールのバベル2AQUA9/22-10:33

記事番号12118へのコメント
バベルで受講したことは無いのですが、一度何かのついでに資料を請求したことが
あります。だから、バベルからDMが来ているのは当然なんですが、最近になって
「バベルからの紹介」でユニセフから寄付のお願いのDMが来るようになりました。
振込用紙もご丁寧に同封されていました。さらに今後ユニセフからのDMが不要なら
そのことを葉書で連絡しろみたいなことが書いてあって、ムカムカムカ〜!
DM不要の葉書は出さずに無視しています。

ということで、バベルから個人情報が流されているので私にとっては「悪徳」です。

ちなみにバベル受講者で実際に仕事している人もいますが、バベルの冠は役に立たず
結局は自分の実力・実務経験で売込みして仕事をゲットしていますよ。

「〜すれば、〜の仕事が出来る」の宣伝文句は、それをちゃんと生かしてモノに出来る人
はともかく、他力本願の人がやっても結局ダメだと思います。勉強も仕事も他人任せでは
うまくいく訳が無い。
ぺさんはあまり迷ってないと書かれてましたので心配無いと思いますが、仕事の紹介を
するのに会費を取ってる時点で既に変ですのでねえ。

それと、翻訳(実務翻訳)のことですが、私は医薬文献の翻訳をしていたことがあり、
手が回らないときは翻訳会社に外注でお願いしてました。翻訳結果は悲惨なもので
手直しに余計な時間を取られるくらいです。モノにもよりますが実務翻訳といっても
専門的な内容のものはその分野の知識が多少なりとも必要になりますので、ぺさんの
目指す姿によっては英語の専門用語についても日本語で意味を理解できるように努力が
いると思います。逆にいえば、いまどき専門性の無い一般的な翻訳の業務なんて
ハッキリ言って安いものです。
ついでに言えば、プロが下訳用に使う翻訳ソフトが使いこなせるのもひとつの武器に
なりますので、バベルに会費を払うのならソフトでも買われたほうが良いでしょう。
そういったソフトはちょい高めですが。

それでは、がんばってくださいね。


トップに戻る

12143バベル密告ねこ9/22-11:29

記事番号12141へのコメント
親類がそこで働いていたのですが、劣悪な労働環境のためやめました。
社員にとっても悪徳みたいです。女性社長とその妹(常務)、そしてそのとりまきの上層部が
下のものを私物化してこき使ってるみたいで、社員が気の毒になります。

>バベルで受講したことは無いのですが、一度何かのついでに資料を請求したことが
>あります。だから、バベルからDMが来ているのは当然なんですが、最近になって
>「バベルからの紹介」でユニセフから寄付のお願いのDMが来るようになりました。
>振込用紙もご丁寧に同封されていました。さらに今後ユニセフからのDMが不要なら
>そのことを葉書で連絡しろみたいなことが書いてあって、ムカムカムカ〜!
>DM不要の葉書は出さずに無視しています。
>
>ということで、バベルから個人情報が流されているので私にとっては「悪徳」です。

この件ですが、一役員が会社に無断でユニセフに一人いくらの単位で名簿を売って、そのお金を自
分の所属する営業チームの売上金に加算したらしいです。クレームの電話が相次ぎ、表向き、その
役員を懲戒免職にしたと、いうことになってますが、偽名を使い、受講生と接しないほかのセク
ションにいまでもいるそうです。そこまでしてかばうほど有能でもなんでもないらしいんですけ
ど。

やっぱり、卒業生で活躍してる方はみなさん、実力と執念で仕事をもらっているようです。
実力があるひとは「どこを出た」とか、関係ないみたいです。でも、会費をとるんならもっと積極
的に仕事をくれてもいいと思いますが。

それと、投稿者のかたがそうという意味ではありませんが(終了できたのならある一定の成績は収
めたのでしょうし)ときどき、生徒さんで、「自分は才能がないのか」「点数があがらない」など
と相談に来る方がいるらしいんですが、あきらかに才能がなくてもやっぱり商売だから、やめたほ
うがいいとはいわないそうです。


トップに戻る

12167Re:バベル密告9/23-01:58

記事番号12143へのコメント
レスありがとうございます。

>親類がそこで働いていたのですが、劣悪な労働環境のためやめました。
>社員にとっても悪徳みたいです。女性社長とその妹(常務)、そしてそのとりまきの上層部が
>下のものを私物化してこき使ってるみたいで、社員が気の毒になります。

女性社長というのは湯浅美代子のことですね。
劣悪な労働環境というのも、悪徳企業に共通する特徴の一つでしょうか。


>やっぱり、卒業生で活躍してる方はみなさん、実力と執念で仕事をもらっているようです。
>実力があるひとは「どこを出た」とか、関係ないみたいです。でも、会費をとるんならもっと積極
>的に仕事をくれてもいいと思いますが。

私はあまり「おし」が強い方ではないので、仕事をもらうのが大変です。
執念とか、やる気とか言われると憂鬱になります。あの日の面接以来、私のトラウマです。


>それと、投稿者のかたがそうという意味ではありませんが(終了できたのならある一定の成績は収
>めたのでしょうし)ときどき、生徒さんで、「自分は才能がないのか」「点数があがらない」など
>と相談に来る方がいるらしいんですが、あきらかに才能がなくてもやっぱり商売だから、やめたほ
>うがいいとはいわないそうです。

それはやっぱりそうでしょうね。塾とかでも、「君はこのままここで勉強を続けても無駄だから..」とい
ってわざわざ止めさせる経営者はいないでしょうしね。
バベルは各種学校というやつに分類されるようですが、他の各種学校も、例えば専門学校なんかに比べて、
これほどまでにガメツイのでしょうか。
バベルは、ことあるごとに利益を得ようとします。誌上トライアル(だったかな?)というやつは、誰でも参
加できるのですが、そのトライアルを普通に受けるには2000円(だったかなー??)で、自分の答案の解
説をしてもらうのにはそれプラス10000円(だったかなぁ??)ぐらい取られます。
自分の訳がこのような点数になっているのはなぜなのかという、受験者としては当然関心のある問いに答え
てもらうのにまで金を取られるわけです。


トップに戻る

12211Re:バベル密告AQUA9/27-12:24

記事番号12143へのコメント

>この件ですが、一役員が会社に無断でユニセフに一人いくらの単位で名簿を売って、そのお金を自
>分の所属する営業チームの売上金に加算したらしいです。クレームの電話が相次ぎ、表向き、その
>役員を懲戒免職にしたと、いうことになってますが、偽名を使い、受講生と接しないほかのセク
>ションにいまでもいるそうです。そこまでしてかばうほど有能でもなんでもないらしいんですけ
>ど。

ユニセフからのDMにはバベルの社長の書面も同封されていたんですけど…
社長も知っていたのでは?


トップに戻る

12224Re:バベル密告ねこ9/28-10:07

記事番号12211へのコメント
>
>ユニセフからのDMにはバベルの社長の書面も同封されていたんですけど…
>社長も知っていたのでは?
>
と、いわれても私には詳細や真相はわかりません。私の親類もヒラだったので
すべてを知る立場になく、ましてや私は又聞きだし。
ただ、その役員が偽名をつかってほかのセクションにうつることにあたっての
社長からの、社員への説明が以前私が書いたとおりで、クレームがきたら
名簿を売った役員を懲戒免職にしましたからといって怒りを静めるようにいわれていたそうですけど。
あのときはクレームの電話がなりっぱなしで、したっぱの社員たちが対応に大変だったみたいです。
でも変な話と言うか、矛盾がありますねえ。社長の書面もあったなんて。
実は社長がやったことで、問題化してからその役員をスケープゴートにしたんでしょうかねえ?


トップに戻る

12165Re:翻訳スクールのバベル29/23-01:12

記事番号12141へのコメント
レスありがとうございます。

>バベルで受講したことは無いのですが、一度何かのついでに資料を請求したことが
>あります。だから、バベルからDMが来ているのは当然なんですが、最近になって
>「バベルからの紹介」でユニセフから寄付のお願いのDMが来るようになりました。
>振込用紙もご丁寧に同封されていました。さらに今後ユニセフからのDMが不要なら
>そのことを葉書で連絡しろみたいなことが書いてあって、ムカムカムカ〜!
>DM不要の葉書は出さずに無視しています。
うちにもユニセフからたまに来るみたいですが、あれはバベルから情報が行ってたんですね。

>ということで、バベルから個人情報が流されているので私にとっては「悪徳」です。
ツタヤ(レンタルビデオの)も同じようなことをしてるみたいです。

>
>ちなみにバベル受講者で実際に仕事している人もいますが、バベルの冠は役に立たず
>結局は自分の実力・実務経験で売込みして仕事をゲットしていますよ。
バベル自身も、自分のところでやっている検定について「業界標準を目指す」と言ってますから、
今のところは業界標準ではない、ということをわかってるみたいです。
私の場合は、実務経験が無いのに翻訳者募集の広告欄で「要実務経験」みたいなのばっかりで、し
ょうがないから講座終了後に仕事のチャンスがあるというバベルに行ったのですが..


>「〜すれば、〜の仕事が出来る」の宣伝文句は、それをちゃんと生かしてモノに出来る人
>はともかく、他力本願の人がやっても結局ダメだと思います。勉強も仕事も他人任せでは
>うまくいく訳が無い。
なんか耳が痛いような..^^;

>ぺさんはあまり迷ってないと書かれてましたので心配無いと思いますが、仕事の紹介を
>するのに会費を取ってる時点で既に変ですのでねえ。
それが、はっきり悪徳と分類できるぐらいの大金でないところが微妙なんですよね。
なんというか、月1600円ほどで内容が読むところがほとんど無い聖教新聞という感じ。

>それと、翻訳(実務翻訳)のことですが、私は医薬文献の翻訳をしていたことがあり、
>手が回らないときは翻訳会社に外注でお願いしてました。翻訳結果は悲惨なもので
>手直しに余計な時間を取られるくらいです。モノにもよりますが実務翻訳といっても
>専門的な内容のものはその分野の知識が多少なりとも必要になりますので、ぺさんの
>目指す姿によっては英語の専門用語についても日本語で意味を理解できるように努力が
>いると思います。逆にいえば、いまどき専門性の無い一般的な翻訳の業務なんて
>ハッキリ言って安いものです。
もともと文型なので、専門分野がネックになってます。コンピュータを専門にしようと思ってます
が..

翻訳会社に頼んで、なおひどい出来だったのですか?
どの辺がよくなかったのかすごく興味があります。専門知識が足りていなかったのですか?

>ついでに言えば、プロが下訳用に使う翻訳ソフトが使いこなせるのもひとつの武器に
>なりますので、バベルに会費を払うのならソフトでも買われたほうが良いでしょう。
>そういったソフトはちょい高めですが。
ほとんどの翻訳者が使っているのですか?

>それでは、がんばってくださいね。
ありがとうございます。参考になりました。


トップに戻る

12213Re:翻訳スクールのバベル2AQUA9/27-12:46

記事番号12165へのコメント

>>ぺさんはあまり迷ってないと書かれてましたので心配無いと思いますが、仕事の紹介を
>>するのに会費を取ってる時点で既に変ですのでねえ。
>それが、はっきり悪徳と分類できるぐらいの大金でないところが微妙なんですよね。
>なんというか、月1600円ほどで内容が読むところがほとんど無い聖教新聞という感じ。

仕事の紹介であれば、紹介者(この場合バベル)はマージン(ピンハネ)を取るはずです。
会費ってことは「紹介しない人」からもお金を頂く…というシステムじゃないでしょうか。
だから変だし、アテにならないと感じます。
額が高くなくても、それがバベルの定収入となる訳ですよ。

↓翻訳業務については悪徳と内容がそれてしまうので簡単にしか説明できません…

>もともと文型なので、専門分野がネックになってます。コンピュータを専門にしようと思ってます
>が..
この分野ならば英語よりアジア圏の言語の方がいいかも。(今後の需要として)
英語であれば和訳英訳両方イケてるほうがベターですし、もちろん専門用語は英語日本語で
意味を理解している必要があります。
海外のホームページを日本語のサイトを見るかのようにスラスラ読めるのなら問題無いと
思うんですが・・・
試しにIBMとか海外メーカーのENGLISHサイトを見てみたらいかがでしょうか?

翻訳ソフトについては、仕事の場合、翻訳文をワープロ打ちの紙かテキストファイルで渡すのが普通かと
思われますので全てを打ちこむことを考えたら効率的には使ったほうがいいでしょうね。
元の英文もテキストファイルで貰えればなお良いですが、そうでない場合は自分で英文を
打つか、OCRで読み取るので、スキャナとかOCRソフトも必要になっちゃいますけど…。
ただ、翻訳ソフトもOCRソフトも使い込むほどに、使い勝手が向上するので個人的には
お勧めです。
ほとんどの翻訳者が使っているかは判りませんが、私はやはり先輩翻訳者の真似で使っていますよ。


トップに戻る

12275Re:翻訳スクールのバベル29/30-01:37

記事番号12213へのコメント
お返事ありがとうございます。

>仕事の紹介であれば、紹介者(この場合バベル)はマージン(ピンハネ)を取るはずです。
>会費ってことは「紹介しない人」からもお金を頂く…というシステムじゃないでしょうか。
>だから変だし、アテにならないと感じます。
>額が高くなくても、それがバベルの定収入となる訳ですよ。
そうですね。
>
>↓翻訳業務については悪徳と内容がそれてしまうので簡単にしか説明できません…
>
>>もともと文型なので、専門分野がネックになってます。コンピュータを専門にしようと思ってます
>>が..
>この分野ならば英語よりアジア圏の言語の方がいいかも。(今後の需要として)
確かに。メインボードとか台湾のメーカーばかりですもんね。

>海外のホームページを日本語のサイトを見るかのようにスラスラ読めるのなら問題無いと
>思うんですが・・・
>試しにIBMとか海外メーカーのENGLISHサイトを見てみたらいかがでしょうか?
それは実にいい考えですね。今までにも行ったことはありますが、使ってる製品の情報を探しに行ったりとかで、
ちゃんと理解できてるかどうかチェックしたことはありませんでした。

>
>翻訳ソフトについては、仕事の場合、翻訳文をワープロ打ちの紙かテキストファイルで渡すのが普通かと
>思われますので全てを打ちこむことを考えたら効率的には使ったほうがいいでしょうね。
>元の英文もテキストファイルで貰えればなお良いですが、そうでない場合は自分で英文を
>打つか、OCRで読み取るので、スキャナとかOCRソフトも必要になっちゃいますけど…。
OCRは大学の時ゼミで使ってましたが、精度が良くなかったりで結構読み取った文章のチェックに苦労した思い
出があります。テキストファイルで原文を貰えなかったら大変ですね。

>ただ、翻訳ソフトもOCRソフトも使い込むほどに、使い勝手が向上するので個人的には
>お勧めです。
>ほとんどの翻訳者が使っているかは判りませんが、私はやはり先輩翻訳者の真似で使っていますよ。
>

悪徳商法に関係の無いことですみませんでした。
でも、大変参考になりました。ありがとうございました。


トップに戻る

12305Re:翻訳スクールのバベル2yum10/1-13:15

記事番号12118へのコメント
べ さん、AQUAさん、その他このスレッドの皆様こんにちは。
とある翻訳会社に勤める yum と申します。
バベルには10年前、母が熱心に通っていました。そのときの話をします。

母がB級会員になって最初の年にこなした仕事は、
当のバベルの通信教育添削と、リーディング(ご存知とは思いますが、
出版予定の本を下読みし、あらすじをまとめる仕事です)でした。
しかも、リーディングはバベルの会員になった力のみで来たのではなく、
有名講師S.Kの講座に熱心に通ったことから、その筋で来たのだと
記憶しています。

実務経験のろくにない人間に通信教育の添削をやらせていたのか!!

母と一緒に「翻訳の世界」を愛読していた私にも、これは
堪える事実でした。

その後、母には小さな翻訳会社とのコネクションもでき、ビデオの字幕翻訳を
中心に少しお金を稼げるようになったので、まずはめでたしと言ったところですが、
これも結局は講師のコネであり、バベルそのもののコネではなかったかと
思います。

以上の成り行きから、個人的には
魅力的な講師や尊敬できる友人がいない限り、
さっさと辞めてしまって構わないと思います。

以下、細かい点に:

>つまり資格のことなんですけど。それまで(去年まで)翻訳の仕事をするには翻訳検
>定(注3)で資格を取っておくことが不可欠であり、他の英検やTOEICは持って
>てもほとんど意味が無い(単に英語力であり、翻訳力ではないので)、と思っていた
>のですが、その翻訳会社の方に、TOEICで高得点を記録すれば資格としては問
>題無い、と言われたのです。

確かにうちでも、ほんやく検定を取っているという話はあまり聞きません (^^;

>つまり、バベルは優れているけれどとりあえずは必要でないものを、まず必要なも
>のだとして利益を得ているのではないかというわけです。

…それはそうかもしれません。

それではまた。

#実はコンピュータ翻訳についてもちょっと言いたいことが
#あるのですが、それは稿を改めます。

-- yum


トップに戻る

12345Re:翻訳スクールのバベル210/4-05:51

記事番号12305へのコメント
>べ さん、AQUAさん、その他このスレッドの皆様こんにちは。
こんにちは。レスありがとうございます。
>とある翻訳会社に勤める yum と申します。
>バベルには10年前、母が熱心に通っていました。そのときの話をします。
>
>母がB級会員になって最初の年にこなした仕事は、
>当のバベルの通信教育添削と、リーディング(ご存知とは思いますが、
>出版予定の本を下読みし、あらすじをまとめる仕事です)でした。
私の場合はB級会員になってから、一度も電話すらありませんでした。
結局、会員の更新手続きはしてません。でも、バベルからのダイレクトメールだけはちゃんと届
きます。

>しかも、リーディングはバベルの会員になった力のみで来たのではなく、
>有名講師S.Kの講座に熱心に通ったことから、その筋で来たのだと
>記憶しています。
わたしは大阪なので、有名講師に教わったことはないですねー。
ちなみに、大阪でやっているのは初中級のクラスばかりで種類も少ないです。
ついでに、建物もぼろっちい(多分、今も)。

>
>実務経験のろくにない人間に通信教育の添削をやらせていたのか!!
多分、解答例みたいなのがあって、それに沿って添削していくのでしょうから、実務経験はさほ
ど必要無いのかもしれませんが、それだけに添削に柔軟性が欠けているのが気になりました。

>
>母と一緒に「翻訳の世界」を愛読していた私にも、これは
>堪える事実でした。
↑この字はなんと読むのですか?
>
>その後、母には小さな翻訳会社とのコネクションもでき、ビデオの字幕翻訳を
>中心に少しお金を稼げるようになったので、まずはめでたしと言ったところですが、
>これも結局は講師のコネであり、バベルそのもののコネではなかったかと
>思います。
そこははっきりしといて欲しいですよね。
>
>以上の成り行きから、個人的には
>魅力的な講師や尊敬できる友人がいない限り、
>さっさと辞めてしまって構わないと思います。
講師は魅力的な人が多かったんですけどね。
バベルに行く価値が無いとは思いませんが、その価値がどういうものなのかをもっとはっきりさ
せるべきだと思いますね。バベルは。悪徳と言うより、単にセコイと言うべきなのかもしれませ
んね。

>
>以下、細かい点に:
>
>>つまり資格のことなんですけど。それまで(去年まで)翻訳の仕事をするには翻訳検
>>定(注3)で資格を取っておくことが不可欠であり、他の英検やTOEICは持って
>>てもほとんど意味が無い(単に英語力であり、翻訳力ではないので)、と思っていた
>>のですが、その翻訳会社の方に、TOEICで高得点を記録すれば資格としては問
>>題無い、と言われたのです。
>
>確かにうちでも、ほんやく検定を取っているという話はあまり聞きません (^^;
これからは増えていくのかもしれません。
以前にも書きましたが、翻訳検定の会場ではバベルで見かけた人々(受付けとか事務の人)が係
員をやってました。文部省認定の検定試験ということですが、バベルが営利目的でやっているの
ではないかと思います。
>
>>つまり、バベルは優れているけれどとりあえずは必要でないものを、まず必要なも
>>のだとして利益を得ているのではないかというわけです。
>
>…それはそうかもしれません。
>
>それではまた。
>
>#実はコンピュータ翻訳についてもちょっと言いたいことが
>#あるのですが、それは稿を改めます。
>
>-- yum


トップに戻る

12346Re:翻訳スクールのバベル210/4-05:53

記事番号12305へのコメント
下の文に触発されて書いたのですが、長くなりすぎたので分けました。推測ばっかりです。

>確かにうちでも、ほんやく検定を取っているという話はあまり聞きません (^^;
>
工業英検を運営してる工業英語協会も営利団体のような気がします。というのも、願書を送った
時に通信教育の広告が入ってたり、電話で願書を希望すると途端に愛想がよくなる、メールの返
事がお客様に対応するという感じ、工業英検関連の問題集が工業英語協会が出版しているものし
か見当たらない、からです。

工業英検の営利性と、バベルの営利性は同程度のものではないかと思うのです。検定料も同じく
らいですし。その上どちらも、文部省認定。英語検定業というのが商売として儲かるのかどうか
は知りませんが、今まで非営利団体だと(少なくともわたしは)思っていた、諸々の英語協会は
大体が商売目的の団体なのでしょう。で、バベルも翻訳検定というのを造りだすことで、英語検
定業界の仲間入りを果たしたのではないでしょうか(推測ばかりですが)。
文部省に認定してもらうことで、公的な性格を装いつつも実は営利目的、というのはいかにもバ
ベルらしいと思うのですが。「業界標準を目指す」というバベルの宣伝文句には実は本音が表れ
ているのではないでしょうか。標準、つまり尺度が確立されてしまえば、能力を認めてもらおう
とする人間は全てその尺度で能力を測ってもらう必要があります。つまり、その検定試験を受け
る人間は後を絶たないというわけです。
英検はすでに、ひとつの尺度となりました。就職のため、最近では入学のため、もしくはステー
タスのため英検を受ける人は後を絶ちません。工業英検や商業英検もそうでしょう。バベルも
仲間入りを狙ってます(多分)。
これらの検定試験の受験料をTOEICの受験料と比べてみると...TOEICの受験料って
かなり安かったですよね。

バベルが英語検定業の仲間入りをするとどうだ、という訳ではありませんが、なんかねー、あん
なセコイとこにいわゆるひとつの権威になられるというのはいい気分ではありません。


このページは、コピープロテクトされています。