Google八分対策センター

消費者ポータルJAPAN | 悪ティブソナーココログ支店

このページに関するお問い合わせは、こちら

悪徳商法に関する相談や質問を掲示板に書き込みたい方は、こちら


-実際の在宅ワークとは を考えるツリー-好奇心(10/25-01:59)No.71550
 「ものつくり屋」さんのレスから引用-好奇心(10/25-02:12)No.71551
 TeruTeruさんのレスから引用-好奇心(10/25-02:19)No.71552
 ダイアナさんの過去ログからのまとめ-好奇心(10/25-02:36)No.71556
 HP制作現場の現実1-てんてん(10/25-12:30)No.71587
 Re:HP制作現場の現実2-てんてん(10/25-12:37)No.71589
  参加させていただきます-元・・・(10/31-03:06)No.72324
 あげておきます-ぶるー(10/29-13:44)No.72034
 Re:あげておきます-のぐり(10/29-15:29)No.72062
 私の経験-えび(10/29-18:36)No.72098
 あげついでに-薩婆訶(10/29-17:21)No.72088
  電車が潰れる(半分ゴミ)-雪兎(10/29-23:56)No.72127
  Re:あげついでに-のぐり(10/30-03:28)No.72165
  Re:あげついでに-妖冥(10/30-09:22)No.72182
 Re:実際の在宅ワークとは を考えるツリー-妖冥(10/31-10:15)No.72337
 Re:実際の在宅ワークとは を考えるツリー-枇杷酒(10/31-12:41)No.72346
 在宅ワークのアイテム-平良 仁志(11/6-21:51)No.73066
  マインを反面教師に(ゴミ)-撥水加工(11/7-16:11)No.73180


トップに戻る

71550実際の在宅ワークとは を考えるツリー好奇心10/25-01:59

世間一般の人が考える SOHO/在宅ワーク という言葉と
実際に在宅で仕事をしていらっしゃる方とのギャップなのですが
社会的な意味での 在宅ワークという言葉はやはり 自宅で出来るアルバイト
という感覚でしかない気がします。(在宅ワーカーの皆さん<(_ _)>)

世の中、自分が関わっていない職業の仕組みはよくわからないから
イメージで判断してしまいがちで、特にパソコン・インターネットを使用した 
自宅でおこなう自営形態は歴史が浅いということもあるし、

まだキーボードもろくにさわったことがない人でも、これからの時代は
こんぴゅーたーが出来なければならない と すり込み状態に入っている昨今
ぱそこん さえ 出来れば、世の中バラ色(^_^)v・・・
と考えてもおかしくないんです。

また 困ったことに アルバイト的な仕事で 割のいい仕事をしている人も
いない訳じゃ無いって事で、
パチンコや競馬で勝った話を聞く割合が多いってのと同じ様に
ごく希なそういう人が、私ってこんなに らっき〜だったのよとしゃべるから
雑誌とかTVで主婦でこうやって収入を得てるなどと取り上げられ
ますます 誤解が深まっていき、悪徳業者の宣伝になっているのだと思います

居着いてしまった 見習いレス屋の私がこんなツリーを立ち上げるのは恐縮ですが
騙されたあとでも ただ単に 自分の関わった業者が悪かっただけと
考える方もいらっしゃる様ですので、
在宅ワークをしたいのですがという方に向けた
実際の在宅ワークのことをまとめるツリーが、あっても良いかと思いました。
ご協力お願いします。


トップに戻る

71551「ものつくり屋」さんのレスから引用好奇心10/25-02:12

記事番号71550へのコメント
N0.71044 まず、基礎知識として のレスから

------------------------------------------------------------
まず基礎的な社会常識として「雇用契約」と「業務委託契約」の違いにつ
いてご理解ください。雇用契約というのは私も仕事場と結んでいますが、
「労働力の時間売り」の契約です。

私の仕事場は私の時間を「今月は170時間」という風に拘束します(完
全フレックスなので、日に8時間計算はするけど、今日4時間で明日が1
2時間でも、それはかまわない)。そして面白い事ですが、私が拘束され
た時間内に「まともな仕事をしなくても拘束した時間分の給料を払う」事
が仕事場には架せられています。仕事をきちんとさせるためには、「その
ままだとクビにするぞ」と将来の安定性を持ち出して脅したりするわけで
すがあくまで将来の事であり、今月の時間を拘束したなら、その分の代金
は払う必要が有るわけですね。

一方、業務委託契約というのは「仕事の結果を売る」契約です。時間の拘
束は無いけれども、仕事の結果が1万円のものなら、100時間かかった
ものだろうと、1時間で終わったものだろうと1万円です。そして、納期
までに結果がでなければ、何時間かかったものだろうと買って貰えないし、
そういう納期破りをするような者には「次の仕事は渡さない」のが普通で
すね。

業務委託契約というのは「自由に見えて非常に厳しい」労働力の売り方で
す。考え方としては、個人店舗の経営者が私の様なサラリーマンを見て、
「いいねぇ、会社に通ってれば給料が貰えるんだから、こちらは、何時間
働いたって売れなきゃただ働き」というのと同じです。だからこそ、本当
に在宅で仕事をされている方は「家事育児の合間に仕事じゃなくて、仕事
の間に家事育児をしなきゃならない」と嘆かれている訳です。
------------------------------------------------------------


トップに戻る

71552TeruTeruさんのレスから引用好奇心10/25-02:19

記事番号71550へのコメント

=======TeruTeruさんのレスから引用=============
「在宅」を連呼すると混乱するので、私はこの手の業者を「悪徳教材販売
業者」と呼んでいます。
その上で、整理しておきますね。

「在宅ワーカー」
 ・仕事を探してる段階で、既にプロとしてのスキルを持ってて当たり前
 ・客や発注元から「在宅ワーカー」とは呼ばれることは、まずない
 ・普通「下請け」と呼ばれるか、「デザイナーさん」等々業種で呼ばれる
 ・SOHOとして本格的活動をしてる人だと、屋号で呼ばれる
 ・一度の仕事で気に入ってもらえれば継続的に仕事がくる可能性もある
  が、基本的には案件が終われば仕事ゼロになり、常に営業活動の必要
  がある
 ・求人は結構あるが、競争率も高く、応募しても「不採用」の返事すら
  来ないことがザラにある、厳しい世界である
 ・漠然とした求人はほとんどなく、「来週月曜までにこの仕事を出来る
  人急募」「町田市で打合せできるIllustratorに精通した方急募」とい
  った具体的案件が多い
 ・つまり、プロしか求人してない

「悪徳教材販売業者」
 ・素人に「仕事しませんか?」という勧誘をする
 ・有資格者だったり、既にプロとして活動してる人だと勧誘しない
 ・教材を買って資格試験に合格したら仕事をあげると言う
 ・つまり将来「作業料を支払う」相手に「金を払え」と言う
 ・ということは、契約した人は、将来の「客」に金を払うことになる
 ・月額○万円の収入を保証したりする
 ・実際受かって仕事が来る人はほとんどいない
 ・とはいえゼロだとバレバレなので、数人合格させ、社内で適当に作っ
  たニセの仕事を「はい、仕事ですよ」といって渡して、教材からの収
  入の一部を作業料として還元している
 ・ようするに、教材販売「だけ」が目的なのが大半
=================================


トップに戻る

71556ダイアナさんの過去ログからのまとめ好奇心10/25-02:36

記事番号71550へのコメント

========================================
SOHOというものを、どこかの会社に登録して仕事をもらうもの、パートや内職の延長が自
宅で気軽に出来るものというような認識がありませんか?
そうしたものはSOHOではありません。もしそんな内容の案内があれば、嘘であり、カモ
を騙す目的であると考えるべきです
実際のSOHO、在宅ワークというのは、十分なスキルや経験のある方が自分で各企業を営
業して条件を決め、仕事を受注する個人事業者です。

さらにいえば、どのような理由、名目であれ、金を取るような場合は100%悪徳内職商法
と確信しましょう。電話勧誘、新聞広告、ネット掲示板、メルマガなどで「宣伝」される
ものは悪徳業者と考えられた方が良いと思います

生活の苦しい人、すぐに金の欲しい人、そういう世の中の弱者ほど、悪徳業者のカモに
なりやすいということを認識しておきましょう。本当に確実にお金が必要なら、コンビ
ニの深夜バイトでもされることをお勧めします。確実にしかも安全に、比較的高額の収
入を得ることができます

ほとんど全て「未経験者大歓迎」を謳う折込の在宅は100%悪徳といって過言ではあり
ません。勿論まともな在宅と言うものもありますが、経験・能力が問われるのが普通であ
り、主婦が家事・育児の合間に出来るというものではありません。不特定多数にチラシで
宣伝しているという時点でアウトです。

人材派遣の大手は別ですが、普通、本当にSOHOを募集している会社は、SOHO向けの資料な
ど作っていません。
一般的に、SOHOの募集には定員があって、募集人数の有無にかかわらず、選考というもの
があります。つまり、採用されない人の方が、採用される人より圧倒的に多いのです。
採用しなけりゃ、一生自社とは無関係な存在である人間のために、お金のかかったパンフ
レットを作成するはずもないのです。

SOHOとは非常に厳しい仕事です。価格交渉し、納期交渉し、多少の無理をしても求める作
品を納期どおり収め、あげくに「イメージが違う」の一言で全部やりなおし・・・そうい
う仕事です。
遅刻せず欠勤せず勤めれば、上司と喧嘩してもクライアント1つ落としてもちゃんと給料
がもらえる会社員とは全く違います。浮き沈みは、会社の責任ではなく、自分だけの責任
です。リストラがない分、1円も収入のない月もあるのがSOHOです。
その中で収入を得るためには、腕と判断力を十分磨いて挑まなくてはならないのです。
========================================


トップに戻る

71587HP制作現場の現実1てんてん10/25-12:30

記事番号71550へのコメント
好奇心さんの趣旨に賛同。
HP制作ってわりと悪徳商法のネタになるようなので実際の現場のお話も役に立つの
かと思い、書かせていただきます。

これは現在のHP制作の業界すべてのお話ではありません。ある地方の現場の一部の
話です。(でも多分、どこもそれほど違いはないと思う)

私(+主人)は印刷業界の住人になってはや13年。現在、主人と二人でデザイン事
務所を経営してます。
この13年の間、DTPが導入され、印刷業界は激変しました。
同時に顧客である企業にはパソコンやプリンター、カラーコピーが急速に普及し、
印刷物そのものはもはや頭打ち状態。
それに気がついた印刷会社や代理店は新しい事業としてホームページ制作に積極的
に乗り出しました。(多分…、1997年くらいからです)
印刷用の画像やコピーはすでにDTPによってデジタル化されていますので、「印刷物
をくれたらホームページをおやすく制作しますよーん」と大々的に顧客である企業
に宣伝しまくったのです。

で、デザイン事務所の多くは印刷会社やそれ関連の代理店が主要なお客さんです。
お客さんから「HP作れるか?」と聞かれたら、超弱小自営業のデザイン事務所はそ
の時点ではできなくても「作れます!」と答えなきゃなりません。(そうしないと
仕事がなくなるんです)
作れると言った以上、昼夜を分かたず死にものぐるいで勉強します。
もともとイラスト制作やデザイン制作のノウハウはあるわけですから、一ヶ月も勉
強すればそれなりのホームページは作れるようになります。(難解なプログラムは
外注に発注すればよい)

だから現在デザイン事務所を名乗っているところの大半はHPの制作ができます。
デザイン専門校も「HP制作はこれからの仕事!」なんて宣伝文句でいっぱい生徒を
集めましたから、HP制作者のプロ(プロ予備軍)はそれこそ山のようにいるわけで
す。

これが作り手のお話。
発注先のお話に続きます。


トップに戻る

71589Re:HP制作現場の現実2てんてん10/25-12:37

記事番号71587へのコメント
発注先のお話です。

HPなんてものはビルダーなんかを使えば、どんな素人でも三日もあればできます。
(ただし出来映えは問わない)

1:広告費のない小さな会社は、会社内で「それなりにできる人間」に自社のHPを
作らせちゃいます。

2:広告費の少ない会社は「素人でも作れるんだから、HPなんて簡単だろ」という
偏った認識で値段をたたきまくって印刷会社やデザイン事務所、HP制作事務所など
に作らせます。(値段をたたかれても仕事がないよりはましとばかりにたいていは
受けます)

3:広告費のそれなりにある大きな会社は「うちのHP作りたいところは企画・デザ
イン持ってこーい!」といろんな代理店や印刷会社に声をかけます。
コンペというやつです。

それこそ「ハーイ! うちに下さいー!」とみんな一生懸命作ってきます。(この
時点で料金は発生しません。コンペに通らなければすべてただ働きです)
発注先の会社は、値段や企画やデザインを検討して自分の好きなところを選びま
す。
10社手を上げたとしても、契約に至るのは一社だけ。
お金がもらえるのはこの一社だけ。

お金がある発注先には養殖ウナギのごとく作り手がわらわらと群がり、お金が少な
いところにも「うちはこんなに安くできます!」と売り込みをかけて何とか仕事を
いただく。

これが現状です。

ちなみに…、
私が子供を産んだ3年前、「HPの制作のお仕事しませんか?」というお電話がいっぱ
いきました。
当時、悪徳商法という認識はなく「あるところには仕事があるのかな」と思い、
「私、プロなんですけど、仕事紹介してください」と返事をしたところ、
「プロですか。うちはそういう方とは契約いたしません」ガチャリ。

「おいこら、たった今、仕事いっぱいあるって言うたやんけ!!!」凸(_ _*)


結局、おいしい話なんてどこにもないんです。


トップに戻る

72324参加させていただきます元・・・10/31-03:06

記事番号71589へのコメント
てんてんさん、みなさん、こんばんは!
私も参加させてください

>HPなんてものはビルダーなんかを使えば、どんな素人でも三日もあればできます。
>1:広告費のない小さな会社は、会社内で「それなりにできる人間」に自社のHPを
>作らせちゃいます。
>
たしかにそうですね。データ入力の仕事の面接にいったときに、なぜかHP作成の話しに
なりました。(ビルダーでならHP作成出きるので)
どの程度作成出来るか?会社のHP作成頼んだら作れるか?など質問されました。
会社側としては、同じ給料で雇うならHP作成出きる方が良いと思ったのでしょうね

ここからは元悪徳業者としての体験を書かせていただきます

>「HPの制作のお仕事しませんか?」というお電話がいっぱ
>いきました。
>当時、悪徳商法という認識はなく「あるところには仕事があるのかな」と思い、
>「私、プロなんですけど、仕事紹介してください」と返事をしたところ、
>「プロですか。うちはそういう方とは契約いたしません」ガチャリ。
>
こちらに来てる方々はご存知の方も多いと思いますが、
未経験の方の場合、試験に落ちて文句を言ってきても「貴方の勉強不足」「他の人は受か
ってる」と言えば頭では納得いかなくても引き下がるしかありませんよね。
プロの方には、そんなことは通用しません。
だから業者側は最初にプロの方だと分かると引き下がるんですよ。

それから、どこの会社にもマニュアルがあるはずです(私が知ってる業者はほとんどそう
です)
営業してる方の中で実際にHP作成出きる方は少ないですよ。
もしHP作成出きる方宛てに勧誘の電話が来たら専門用語を使ってみたら面白いことにな
ると思います。
「結構です」とガチャ切りするより効果的かも?

余談ですが最近は内職商法がヤバイので資格商法に転職?してる業者も多いともことで
す。

長々ダラダラと読み辛い文章で申し訳ありませんでした!


トップに戻る

72034あげておきますぶるー10/29-13:44

記事番号71550へのコメント
好奇心さん、こんにちは。

どうも、いまだに「在宅」という言葉に幻想を抱いている
方が多いようですね(^^;)
と、いうことで、こちらのツリーをあげておきます。


トップに戻る

72062Re:あげておきますのぐり10/29-15:29

記事番号72034へのコメント
みなさん始めまして。
フリーで自称SEののぐりと言います。
普段ROMですが、SOHOネタなのでちょいと発言させて頂きます。

>どうも、いまだに「在宅」という言葉に幻想を抱いている
>方が多いようですね(^^;)

世間ではSOHOは好きな場所(自宅等)で好きな時に仕事ができる
と思われているようですが、半分本当で、半分嘘です。

私の場合、案件単位に仕事を受注する形をとっています。
仕事が暇ならば、自宅でのんびり好きな時間に仕事できるんですけど、
忙しくなると、客先常駐で、徹夜も当たり前になってしまいます。
# 但し、暇すぎると仕事探しに行かなければなりません。

仕事の内容にもよりますが、仕事を行う際にはある程度の打ち合わせを
行って、お互いの意識を合わせる必要がありますが、受注者側が完全在宅
である場合、メールや電話だけで意識あわせをする必要があり、発注者側は
非常に作業効率が落ちると思われます。
作業効率が落ちてしまうと「在宅は使いにくい」となるか「安いギャラ」に
なってしまいます。

発注者がSOHOを利用する理由は以下の理由が考えられます。
# フリーの立場での想像ですが。

・小回りが利く
無茶苦茶な納期の仕事や、突発的な仕事に対応できる。
# それでいつも泣いてます。

・外注する案件の規模が小さい
対会社の場合、規模が小さすぎて受注してくれない案件でも
対応できる。

・単価が安い
と、思われていると思います。

もし、安易に「在宅」仕事をしたいと思っている方がいましたら
やめた方が良いと思います。
どうしても「安易な在宅」をされたいのであれば、知人から仕事を
もらうのが一番確実だと思います。
確かな仕事をすれば、評価してもらえると思うし、知人がお客さんを
紹介してくれるかもしれません。
# 逆にいい加減な仕事をすれば、知人の顔を潰すことになりますけど。

やっぱり美味しい仕事って無いのね。


トップに戻る

72098私の経験えび10/29-18:36

記事番号72062へのコメント
私も在宅で仕事をしていた経験があり、
のぐりさんが書かれていることに肯けます。
私の場合は、印刷関係の会社のベタ打ちでしたが・・・

印刷業界は、季節によって仕事量が大きく違うので、
ヒマなときはヒマですが、年末などは途方も無い量の
仕事が発生します。
その調整弁に、「在宅さん」は都合が良い存在のようでした。

私も、最初は、調整のための人員という扱いだったと思います。
(厳しい納期や突発的な仕事のための要員というか)
それなりに信用と実績を積んで、その会社のコアの仕事を
任されるようになったのは1年以上経ってからでした。

また、私が仕事をもらっていた先でも、原稿が大量にでる時間帯は
会社の片隅に自分のワープロ機を持ち込んで、発生する順に
次々こなしている「在宅さん」が数人いました。
(言葉の上では矛盾していますけど^^;)
その人たちは、自らそれを会社に申し出たのです。

「量のある仕事を取れる」
「発生した仕事を真っ先に選べる(条件の良いもの)」など
他の在宅さんとの競争に、スタートラインで差がつくという
メリットがありますし、
「打ちあがったらすぐに納品できる」
「ミスにもすぐに対応できる」
「至急の仕事にすぐに応じられる」など仕事を出す側にも
メリットがありますから、優遇されていました。

私は事情があり、そういう部分では競えなかったので、
夜仕事をもらいに行き、翌朝納品する仕事を主に受け持ちました。
これも、こちらからもちかけました。

仕事は沢山あっても、発注する側は、慣れている人に全部任せたい
と思っています。そのほうが安心ですから。
発注者がメリットを見込めずに、仕事を出すことはないと思います。
というか、「発注者からみたメリット」が考えられない人には
仕事は発注されないと思います。
そして、「他の人がやらないこと」を探して、自らアピールする
必要がありますよね。
待っているだけでは、仕事は自分の頭を飛び越えて、
「私に仕事を任せるとメリットがある」を見せた人たちに
回ってしまいますから。
「皆がやりたいことはお金にはならない」と肝に銘じておかないと
在宅/SOHOは軌道に乗らないと思います。


トップに戻る

72088あげついでに薩婆訶10/29-17:21

記事番号72034へのコメント
Yahoo!トピより引用(最近気に入ってます)

●短時間でもOK!1日3時間〜
 こんな事じゃぁ、仕事にならん!!!
 在宅ワークの仕事をなめんな!
●資料請求
 資料なんか作る景気の良い会社なんてあるか!
●初心者でも大丈夫!
 在宅ワーカー(SOHO)は一個人のプロです。
 初心者だと言って仕事をもらうな!
●家事・育児の合間に
 家事はほったらかし、子供は保育園にいかせなきゃ無理じゃぁ!
●高収入
 じゃぁ、あんたが在宅やれ!
●登録料だけ(数千円から万単位)
 その後の仕事保証なんかしないだろ!
 どうせあなたはまだ仕事の能力がないって言うだろう。
●誰でも簡単に
 世の中皆在宅に変更するよ!
 仕事は簡単にやるものじゃないぞ!


トップに戻る

72127電車が潰れる(半分ゴミ)雪兎10/29-23:56

記事番号72088へのコメント
 「風が吹けば桶屋が儲かる」ではないけれど、飛躍した話を。

>●誰でも簡単に
> 世の中皆在宅に変更するよ!
> 仕事は簡単にやるものじゃないぞ!

 前にも書いた事がありますが、この手の内職商法業者が言っている事が
本当ならば、主婦だけではなくリストラの恐怖におびえる窓際サラリー
マンも殺到すると思いますよ。それにみんな在宅になれば、通勤ラッシュ
も渋滞も一気に解消するでしょうし、そもそも大都市周辺に住んで通勤
する必要がないので、一極集中も緩和されるでしょう。そうなると、大手
私鉄の何社かは確実に潰れるでしょうね。

 ただでさえ不況に加えて少子化による通学利用の低迷により、鉄道業は
どこも厳しいですからね。労働集約型産業の典型であり、鉄道だけでは
うまみがなく、どの会社も不動産や遊園地などの関連事業に力を注いで
きたわけですが、そちらの方も今では儲からなくなってきています。近鉄
のOSK解散、阪急の宝塚ファミリーランド閉鎖が象徴的です。


トップに戻る

72165Re:あげついでにのぐり10/30-03:28

記事番号72088へのコメント
騙された人には悪いけど、
騙される人が多いから、SOHOって舐められるんだよね。

>●短時間でもOK!1日3時間〜
仕事無いときは0時間よ!

>●資料請求
請求する暇があったら、パトロン(顧客)を探しましょう。

>●初心者でも大丈夫!
開業するだけなら、市役所で書類書くだけでOKよ!

>●家事・育児の合間に
仕事の合間に家事・育児よ!

>●高収入
の月もあれば、無収入の月もあるよ!

>●登録料だけ(数千円から万単位)
そんなお金あるなら、私にください。

>●誰でも簡単に
騙されるの?

この条件で応募してくる人には絶対に仕事出したくないです。

SOHOとは関係ないですけど、
マルチで成功している方々だって実際には高いリスクを負って
努力した結果なんだから、結局濡れ手に粟仕事って無いのよね。
# 友人失うリスクとか、社会的に叩かれるリスクとか
# 決してマルチを肯定している訳ではないですよ。


トップに戻る

72182Re:あげついでに妖冥10/30-09:22

記事番号72088へのコメント
薩婆訶さんは No.72088「あげついでに」で書きました。
>Yahoo!トピより引用(最近気に入ってます)

 確かに(^_^)同意しますわ。
今週は、東京ビッグサイトで国際工作機械見本市が開かれていて
いまだに関わりがあるので、行ってきましたが、色々と話をしていると
「誰それさんは、どこそこの社長になった」なんて話にすぐになってしまいます。

 私はSOHO環境ですが、業界とはこういう濃いつながりあるから
やってられるのだな、と改めて実感した次第です。

 SOHO在宅ワークで完結するわけが無いです。
製品企画、販売戦略、物流、宣伝、技術・・・・。
何一つ取っても、個人の手におえるものではありません。
まず資金力が桁外れに必要です。
だから、SOHO、在宅ワークで個人のスキルを最大限に発揮できるのは
社会としても効率化であるし、個人にとっても会社とのすり合わせは
無くなる可能性は大きくなるけど、会社と縁が切れるわけではない。

 会社(企業社会)に使ってもらって、ナンボがSOHO、在宅ワークの実態です。
そのためには、相手になる会社のいいとこ悪いとこ、会社の都合などを
総合的に理解するだけの経験は不可欠でしょう。

 常連回答者の方々が時々書き込む経験談の中にも、チラチラと会社時代の
経験のようなことが見えます。
そういう意味でも在宅ワーク教育商法の「誰でも簡単」なんてのは、
成果に結びつくはずがないと考えます。


トップに戻る

72337Re:実際の在宅ワークとは を考えるツリー妖冥10/31-10:15

記事番号71550へのコメント
好奇心さんは No.71550「実際の在宅ワークとは を考えるツリー」で書きました。

ちょっと時間が出来たので、日ごろ思っていることを書いてみます。

そもそも仕事とは何ぞや?ということですが、近代資本主義の基本で考えると
きっかけ、交渉、契約、仕事の準備(投資、訓練、仕入れなど)、
仕事(制作、営業、販売など)、入金、決算、納税
で、一つの仕事が大体完結すると思っています。(いわば典型例です)

これ全体が一つの仕事なので、例えば仕入れの量を決定する時には、販売できる量を
想定しない、仕入れが出来ない。
その他も全部同じことで、入金があったから全部使っちゃたら、税金を払うときに困る。
つまり、全体を見通せないのであれば、かなり危険がある、と言えます。

会社員という身分は、納税まで会社が面倒みてしまうので、社会経験的には自営には
非常に不十分な経験しか無いのが実情です。
(現実に、バリバリの営業マンが独立して、失敗する例は少なくありません)

では、こういうことを実務的に総合的に教える教育はあるのか?となると、
私は聞いたことがありません。
個々には税務相談もあれば、最近では自治体レベルでの起業支援や、
SOHO環境(事務所)の極めて安い提供などもありますが、
それらを全部まとめて、というのは聞いた事がないです。
従って、在宅ワーク・SOHOということでは、今のところ仕事の出来る先輩について
実務面を教えてもらう、というのが現実的です。いわば内弟子状態でしょう。

「内弟子だなんて、せっかくの独立・自由の機会に反するじゃないか!」という
ご意見は多いと思いますが、代案が無いのです。
どなたか、知っている方がいらっしゃれば提示していただきたいです。

実際問題として、私がそのままなのですが、SOHO・在宅ワークを実践している方々の
家庭環境をお聞きすると、親や親戚が自営業者であった、という方の割合が多いです。
つまり、自営業のノウハウの親や親戚から伝授があっての在宅ワーク・SOHOの
安全運転(事業的な成功以前の問題)がやっと出来ると言っても過言ではないのでしょう。

SOHO・在宅ワークを目指す方が、身内に自営業を経験している方が居れば
多少遠くの親戚でも相談した方が良いと思いますし、身内に相談相手が無い場合には
幅広く情報を集めて、慎重に対応すべきです。
慎重に事を進めるというのは言葉を換えれば「近道はないよ」であって、
業者の方から寄ってくるなんてのは論外の外、と言うべきなのです。


トップに戻る

72346Re:実際の在宅ワークとは を考えるツリー枇杷酒10/31-12:41

記事番号72337へのコメント
妖冥さん、こんにちは。

>では、こういうことを実務的に総合的に教える教育はあるのか?となると、
>私は聞いたことがありません。

ここに相談に来られる在宅ワークの実態をご存知無い方々を見ていて、
私も似たような事を考えていました。

私の場合、身内に自営業者は居ませんでしたが、
『会社を辞めて、フリーとして独立』するという選択肢が普通に存在する
業界に在籍しております。
その為、会社員時代から『在宅ワーク』の先輩方が身近に居り、一緒に働いたり、
苦労話をお聞きしたり、仕事をお願いしたりしてましたので、
『在宅で仕事をする事に対する知識』は自然に身についていた様です。

私自身、最近では、独立を考えている後輩の相談を受ける立場になっていますが、
身近に在宅仕事をしている方が居られない場合、業者の営業電話や新聞の折込広告などを
先に目にしてしまうと、『在宅ワーク』とはそういうものだという歪んだ知識を
植え込まれてしまうでしょうね。

何かを始める前にネット等を駆使して、御自分で情報収集される方が大多数なら
問題は起きないのでしょう。
しかし、ここの会議室を見ている限り、そのような手順を踏まれる方は、
残念ながら少数派のようです。

『内職商法』被害者を減らす為にはやはり、知識を持っている人が草の根レベルからでも、
周囲に警告していくしかないのでしょうかね・・・


トップに戻る

73066在宅ワークのアイテム平良 仁志11/6-21:51

記事番号71550へのコメント
 好奇心さん,みなさん,こんばんは。

 好奇心さんがよく引用されている,「在宅ワーク」を考えるのに有用な
ホームページを付けておきますね。

「在宅ワーク商法」の基礎知識
http://archives.a902.net/akutoku/qa/2002/46080.html

「在宅商法の法則」検討ツリー
http://archives.a902.net/akutoku/qa/2002/42264.html

ライフプランナーについて。それと、これから在宅ワークをしたい方へ。
http://archives.a902.net/akutoku/qa/2002/45572.html

在宅ワーク商法:申し込む前に(前)
http://archives.a902.net/akutoku/qa/2001/22998.html

新聞チラシの在宅ワーク募集について
http://archives.a902.net/akutoku/qa/2001/33961.html

*21世紀職業財団  (在宅ワークQ&A)
http://www.jiwe.or.jp/jyoho/soho/q_and_a.html

*w−soho 〜FAQのページ〜
http://www.w-soho.com/faq/index.html

*在宅ワーク(内職)商法
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Aquarius/6471/zaitaku.htm

*在宅ワークQ&A
http://www.pasotomo.com/zaitaku/bbs2/akibo.html

*こういうの↓に騙されないように、十分ご注意ください。
http://plus1.ctv.co.jp/webdoc/2002/0416/i0416.html

*信頼できる「内職商法」?
http://www.asahi-net.or.jp/~QU2N-SGMT/garakuta/kanyou/toukou/naisyoku.html


トップに戻る

73180マインを反面教師に(ゴミ)撥水加工11/7-16:11

記事番号73066へのコメント
こんにちは。

私は以前潟}インで痛い目にあいました(涙)。
その苦い経験から、在宅ワークにトラウマがありましたが、平良仁志さんの
提示するホームページを見て、改めて在宅ワークとは何ぞやを、一から勉強できました。
もう一度、自力でやりなおしてみようかな、と思えるようになりました。
そんな情報を与えて下さって、本当にありがとうございました。


このページは、コピープロテクトされています。