Google八分対策センター

消費者ポータルJAPAN | 悪ティブソナーココログ支店

このページに関するお問い合わせは、こちら

悪徳商法に関する相談や質問を掲示板に書き込みたい方は、こちら


-マユミインターナショナルの怪-あんね(2/27-19:43)No.113504  Re:マユミインターナショナルの怪-社怪人(2/27-21:05)No.113508  Re:マユミインターナショナルの怪-妖冥(2/27-22:39)No.113511  同じみたいですね-あんね(2/28-13:29)No.113536  似たような話-拙電器(2/27-22:47)No.113513  求人-あんね(3/3-16:44)No.113718  Re:マユミインターナショナルの怪-ドオベルマン(3/4-12:05)No.113761

トップに戻る

113504マユミインターナショナルの怪あんね URL2/27-19:43

先日、突然のメールがやってきました。

クロアチアにある日本大使館で10月に
文化交流のためのチャリティー展覧会
 アートコレクション2004 in クロアチア を開くから
作品を出展しませんか?というもの。

主催者は、マユミインターナショナル。
展覧会と主催者の名前で検索してみても、
ほとんど何も出てきません。

内容がわからなければ、判断のしようがないので
会社概要と企画書を送ってもらいました。

中身はと申しますと
 現地日本大使館の企画賛同を得て、
 地雷撤去の為のチャリティーも兼ね
 芸術・文化を通して日本とクロアチアの文化交流を計ろうというもの。
 クロアチア初の民間大使交流展。

後援・協力も豪華でして
在クロアチア日本国大使館、ザグレブ市、クロアチア赤十字
HRT(国営テレビ・ラジオ放送)、Vecernji List(クロアチア全土カバー新聞)
クロアチア観光局に、ミマラ国立美術館の美術評論家のMr Darco Glavan氏。

おまけに、クロアチア政府観光局の協力で
『特別企画ツアー』もあるそうです。

なにやらとてつもなく素晴らしいものであるようです。

主催者の社長も、私は知りませんが
にへいまゆみ氏と言って、日本の特殊メイクの草分的存在の方のようです。

マユミインターナショナルはその上、CDの自社レーベルも持ち
多角経営を行っている、素晴らしい会社のようです。

でも、変なんですよね〜?
そんな素晴らしいものであるなら、
何故個別にメールをして参加者を募集するんでしょうか?
専用のWebサイトを作ったり、雑誌に広告をのせて公募すれば
もっと効率的に、しかも腕に自信のある方たちを募集できるのに?

おまけに、出展料が17万5千円もします。
文化交流のための大事な作品なので、
ガードマンをつけて輸送してくれるから、輸送料が高いのかもしれません。
それとも、金の箔押しのパンフレットでも作ってくれるのでしょうか?
もしかすると、15万円を地雷撤去のために寄付するのかもしれません。

(そういえば、参加人数もわかりませんね)

在クロアチアの日本大使館の賃料がべらぼうに高くて
出展料が高いのかもしれないと、
外務省に確認してもらいました。

在クロアチアの日本大使館の返事によると
今のところ、マユミインターナショナルから
その企画の申請は出ていないそうです。
なので、展示室を貸す予定も入っていないとか。

そうすると、日本大使館の企画賛同を得たというのは、
まだ誰にも内緒の段階なのかもしれません。
でもって当然、後援も、「予定」の段階のようです。

尚、今回の展覧会の宣伝のため、
下に一連の資料をアップさせていただきました。
ご興味のある方は、是非ご覧下さい。
http://members.at.infoseek.co.jp/anne_idic/Akumania/mayumi/
(その内、削除するかもしれません)


トップに戻る

113508Re:マユミインターナショナルの怪社怪人2/27-21:05

記事番号113504へのコメント
あんねさんは No.113504「マユミインターナショナルの怪」で書きました。
>http://members.at.infoseek.co.jp/anne_idic/Akumania/mayumi/

地図によると
http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=all&uc=1&scl=10000&el=139%2F36%
2F09.122&pnf=1&size=500%2C500&nl=35%2F39%2F59.194
です。

ぐぐったら
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&q=%22%93%8C%
8B%9E%93s%90%A2%93c%92J%8B%E6%93%EC%89G%8ER6%2D29%2D2%22
と言うことで、プラタナス高砂というマンションか雑居ビルのようです。その5階
に事務所があるんでしょう。

まぁ所在地がどうとか建物がどうとかは詐欺師かどうかとは無関係ですがね…

社怪人


トップに戻る

113511Re:マユミインターナショナルの怪妖冥2/27-22:39

記事番号113504へのコメント
あんねさんは No.113504「マユミインターナショナルの怪」で書きました。

これと同じ話しなんでしょうかね?

http://beyond.2log.net/akutoku/bbs/qa/?num=113275&ope=sel&id=


トップに戻る

113536同じみたいですねあんね URL2/28-13:29

記事番号113511へのコメント
>これと同じ話しなんでしょうかね?
>http://beyond.2log.net/akutoku/bbs/qa/?num=113275&ope=sel&id=

名称や金額、開催地がちがいますが、同じかもしれません。

ちなみに、
オーストリアに「マユミインターナショナル」という名前の法人は存在するそうです。
(by 外務省)

りんさんはどうしたでしょうね。
金額や開催場所がばらばらであり
しかも会場すら借りていない現状では、
夢に便乗した悪徳というより、持ち逃げの詐欺の匂いがします。


トップに戻る

113513似たような話拙電器2/27-22:47

記事番号113504へのコメント
あんねさんおざすです。

>クロアチアにある日本大使館で10月に
>文化交流のためのチャリティー展覧会
> アートコレクション2004 in クロアチア を開くから
>作品を出展しませんか?というもの。

過日、電話で似た話がありましたがうっとしかったので黙殺です。
アホ:「あ、拙電器商会さん?御世話になるけど(会社名)のもんやけど
    大将居はる?」(妙に馴れ馴れしい)
拙 :「あ、僕です。毎度です」(顧客からと誤認)
アホ:「今度ね、カンボジアとなんたらかんたらのチャリティーで...」
拙 :「え!?何ですか?」(ひょっとしてテレアホ?)
アホ:「いえね、ボランティアの一環として写真集をね」
拙 :「要るかっー!忙しいンじゃっ!」ガチャッ、ツーツーツー

そう言えば似たような相談なかったっけ?


トップに戻る

113718求人あんね URL3/3-16:44

記事番号113504へのコメント
マユミインターナショナルさんが、求人をしておられました。

 ■内容
 1.海外におけるアートイベントの営業・広報・企画及びアシスタント
 2.海外のイベント現場マネージメントのアシスタント
 3.アーティスト発掘

で、その求人の掲載場所が、ゲイ業界の人材募集の掲示板なんです。
注意書きを読まなかったのかな?
それとも本気でゲイの方を募集中なんでしょうか?
よくわからないです。

http://sp.gavie.jp/xc/gum+disp+rec


トップに戻る

113761Re:マユミインターナショナルの怪ドオベルマン3/4-12:05

記事番号113504へのコメント
私も全く同じメールを受け取り、うさんくさかったので無視していたのですが、気になって検索したらこのサイトにヒットしました。有益かどうかわかりませんが情報提供させていただきます。

マユミインターナショナルという会社は実際に特殊メイク人形などの展示会を後援したりもしているようですが、いまいち正体が見えません。ちなみに出展料17万5千円というのはどのぐらいの期間の開催でどのぐらいの壁面を与えられるかにもよりますが、貸し画廊の金額としては特に法外な金額ではないと思います。

私に届いたメールは一般プロバイダ(BIGLOBE)の個人アカウントからでした。 私のサイトのアクセスログにはメールのヘッダ情報のIPと同じIPで訪問記録が1件だけあり、たしかにメール文中に「作品を拝見しました」と書くだけあって実際に訪問したようです。もちろん別IPでのアクセスの可能性もありますが、具体的な感想など一切ないところもあまりきちんと観ていないのだという印象をもたざるを得ません(良心的な画商は熱意に満ちた細かい感想をそえてくれました)。
なお、このメールには
「制作活動並びに発表の活動も頻繁になさっておられるようですが、海外に対してのご活動にはご興味をお持ちでしょうか?」
とも書かれていました。
しかし、私はネット上での作品公開を2年間していませんので、サイトを見て「頻繁に」と言えるとは思えません。また、サイト中には私が過去に海外で行った展覧会のことにも触れていたのですが、「海外に対しての〜」というくだりはきちんと読んでいないとしか思えません。
以上のことから、少なくとも美術商としての誠意に欠けていることは間違いがなさそうですから、無視してしかるべきメールだと判断した次第です。
細かいことですが文中でクロアチアの紹介として「美しいアドレナ海」とあるのはアドリア海の間違いだと思われます。このあたりからもこのメールの主の付け焼き刃加減が伺い知れますね。

余談ですが、インターネットタウンページ(http://itp.ne.jp/)でこの会社を調べてみたのですが、登録されていないらしく該当するものはありませんでした。が、ごく近所に「麻由美」というスナックは存在していました。全く別ものである可能性も高いですね・・。


このページは、コピープロテクトされています。